カテゴリー別アーカイブ: ACVD

安定性能によるリロード変化の検証:ACVD

次のレギュも未定ですし、今のうちにUNAC君を使っていろいろ検証でもしてみようかと思いました。まず最初はリロード変化についてです。

個人的に今まで気になっていたのは

・結局のところ頭と脚の安定性能はどれくらい影響を与えるのか?

・ガトリングは腕部の影響が少ないから射撃安定性能の低い両肩スロット腕に適しているというのは本当なのか?

この2点です。 続きを読む

ヒトキャ腕について:ACVD

武器腕ヒートキャノン(の装弾数が多い方)は、攻撃力が高い割にそれ以外の性能も優秀です。特に味方の編成が分からない傭兵ですとこういうほぼどんな装甲でも貫通出来て、なおかつ火力が高めでまともに当てられる武器は貴重なので強いと思います。

相手を選ばないって部分は傭兵ですと本当に嬉しい長所なんですよ。 続きを読む

レギュ1.06の感想:ACVD

今更ながらACVDレギュ1.06の感想

レギュ1.06を一言で説明すると「1.05までで強かったパーツが弱体化し、1.05までで弱かったパーツ(一部)が強化された。」というバランス調整として至極真っ当なモノでした。1.05の「最高出力ブースターの消費EN低下」とか最初見た時は目が点になりましたがそれと比べると本当にビックリするほど普通のレギュですね。 続きを読む

レギュ1.06のVTFとラジミサの火力比較:ACVD

今まで「当たれば強いと」言われていたVTFミサイルがレギュ1.06でまともに当たるようになったので、瞬間火力型ミサイルの代名詞的存在であるラージミサイルと秒間火力を比較してみました。

と言っても検証方法がアナログなので誤差多めだと思いますがそれでもいいという人向け。 続きを読む

レギュ1.05から一週間以上経ちましたが:ACVD

やっぱり10日ぐらい経過するとレギュ変更後と比べると見かける機体がだいぶ変わってきましたな〜という感想。

1週間前は四脚だらけでカオスでしたが対策としてレザライなどが増えて来ると、その対策としてTE盾が増え、さらにその対策として盾割り用の武器をハンガーに積むなど結構いろんなパーツを見かけるようになりましたが、傭兵は難しくなった気がします。 続きを読む

衝撃武器としての軽沢:ACVD

軽沢(Au-L-K29)は威力3振りで衝撃力が1954と手持ち武器のなかでも非常に高い数値で、他のハイレーザーよりも回転率が高く片手だけなら高出力ジェネレーター鈴虫でチャージ維持しながらENが回復していくため衝撃武器としては非常に使いやすい代物になっております。ライフルなどと相性が良いでしょう。 続きを読む

盾の重要性:ACVD

ACVDでは基本的に3種類の属性防御のうち最大で2属性までしか特化出来ません(レギュしだいでは全防に限りなく近い機を組めたりもしますが・・・)。

しかし穴になった装甲と同じ属性の盾を持つことで一時的に弱点の攻撃を無効化することが可能になりました。 続きを読む